Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
TWITTER



Facebook Page



SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PAST BLOG
 (2005~06年の過去ブログです)
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS


黒田百合の本棚



みんなのブログポータル JUGEM

KUROYURI diary

黒田百合の日記 
駆け抜けたGoyemon Girls


忙しかったー。過去形にしながらも部屋はぐちゃぐちゃのまま。

『Goyemon Girls』
Bangkok International Auto Salon(Thai, Bangkok)

東京メッツ時代から実に13年ぶりの再会、のMAOと共演決定!
兼ねてからくノ一顔をしていたMIHOちゃんにオファーし、集結。


死に物狂いの稽古!そして時々もんじゃ。


タイに渡り、死闘を繰り返す日々。













時々アジアティーク




溜まった仕事を気にしながら帰国。
溜まった仕事を片付ける中、打ち上げ。




久々にやり甲斐のある忍者モノ、創ることができました。
私なりの感性で、ちゃんと世界に通用するもの。と思われるもの。
信じて付いてきてくれた仲間と、実現を後押ししてくれたYさんのおかげ。
ありがとうございました!To Be Continued..

| Edo Wonderland | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
おまけ『北欧のくろ 2017』


今年も「北欧のくろ」何枚か撮りました

タンペレの森にて

朝陽を浴びている

 

タリン旧市街にて

薪を守っている

戦っている

先端にいる

 

ヘルシンキにて

 

 

| LILY'S NOVEL | 02:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
芬蘭ノ旅 -Trip to Finland-


Days in Rovaniemi

We arrived at Helsinki and changed to VR toward Rovaniemi.
It was sleeper train taking 12hrs approximately, the first experience for me.

今回ヘルシンキからロヴァニエミまでは列車移動。初めての寝台車。





Staying at Santa Claus Holiday Village which has cottage style making us feel special!

宿はサンタクロースホリデービレッジ。コテージ式は特別感が半端ない!



 

 

 

We visited University of Lapland.
ラップランド大学のデザイン科を訪ねる。

 

We had meeting with the mayor of Rovaniemi, Esko.
He is so nice person that we felt free to talk about our report and proposal.

ロヴァニエミ市長のエスコ氏とミーティング。とっても良い人で、気兼ねなく話すことができた。


After meeting, we were so excited for a while but moved to the place of an event.
It was a big event in this town called "The Reindeer Race"

市長とのミーティング後、しばらくどきどきしたまま、あるイベント会場へ移動。町でいちばんビッグなイベント「トナカイレース」!




We met there our friend who is student of the university of Lapland.
She is nice woman and we had dinner together at the most popular restaurant "Nili".

ラップランド大学で出会った日本人の生徒さん(ほぼ同世代)にレース会場で再会。町の人気店「レストラン・ニリ」で一緒にごはん

雷鳥のソテー


トナカイステーキ


We had a lot of mission here, it made us little bit exhausted but feel achieved.

ミッションがいっぱいあって疲れたけども それなりに達成感もあったな
 

 

| LILY'S NOVEL | 03:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
3月16日午前5時30分


また今年も誕生日がきてしまいました。
いたって普通の1日を過ごしました。
仕事先でムーミンコーヒー(袋)とマドレーヌを頂き
母からお米と手作り切り干し大根を頂きました。
ありがたい。こんな私に。ほんとにありがたい。

たいしたことしてないのでご褒美とは言えないが
ちょっと前からなんでうちにはないのかな、と思ってたもの
自分で自分に買いました。

地球儀。



海が黒い。黒田家の地球儀はやっぱ黒いんだね。
まあこれで少しは国の大きさの違いが比較できるようになった。
くるくるしてると まだまだ経験が足らないと思わせられる。

去年のテーマは "move"でしたが、今年のテーマは "believe"
自分に自信を取り戻すために、それに繋がる行動と選択ができれば
と思ってます。

SNS等で祝辞をくだすった方々に心から感謝申し上げます。
 

 

| MONOLOGUE | 05:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
沈黙 Silence


つつーっと自転車に乗り レイトショーへ
「沈黙 Silence」を 観ました

神の沈黙 己の沈黙 信念の沈黙…
殆ど音のない映像が相まって 様々な沈黙が散りばめられる
沈黙と黙秘は違う  黙秘は真実を明かさないこと
真実が何なのかがわからないから 人は沈黙する

命と信念を天秤にかけるとは なんと残酷なものかと思った
でも 自分にかえってくるものといえば 天秤にかけられるだけの
信念が自分にはあるのか、てこと

そもそも形なきものと形あるものを比較すること自体
おかしいはずなのだけど そういう不条理みたいなもので
この世はできている気もするね
形ありき!形にした者勝ち!みたいな

でも
形がないと 自分の信念が揺らぐのだ
というメッセージには 強く共感した
形ないまま貫く。てほんとうにしんどいことだもの
それが美しい(のかも)て思ってしまうところも「弱さ」の一つなのかなぁ

形にすることが仕事であり 本分だと思ってきた自分には
とても考えさせられる映画だったと思うし
宗教を 己が見ている世界の大切な何かに置き換えたりすると
すごく深く えぐられる作品だと思います


 

| MOVIE | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スパイに口紅


今日はぽっと時間が空いて、王子までストレートプレイを観に。
スパイに口紅

スパイもの、大好きなの♡
どんな時代でも どこの国でも ビバ諜報員
今回は大日本帝国時代の満州のスパイたち

飾りすぎない舞台美術とアンバーの色合いが◎
無駄に音楽がないのも◎
劇中中国語が飛び交ってて 皆中国人かとすら思ってたし
そのくらい 登場人物たちの力で世界観が出来上がってた
できればこの後客出しとかで素性を見かけたくないなと

そういえば 役者の素性なぞ あまり知るものじゃないな
我々が作品に足を踏み入れた瞬間から 人物はその世界の人物
であるべきだ
たまたま今日はケドちゃん以外見たことない役者ばかりだった
ので とっても楽しめた♡
これは役者の力とも言い切れず いわば受け取る私側の問題
なので役者さん達のこと知りたいけど 知りたくない(笑)

劇場のエントランスは最悪のビジュアルだったけど
入ってしまえば天井も高く 空間は居心地よかった

あー創作してーなー

もういろいろ溜まっているのだけどね… 腰が重い
 

まだ初々しい表情あるなケドちゃん

 

 

| STAGE | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
Flying year


2016年。動く、1年だった。踊るというのではなく。

移動したマイルも 実は人並み以上だったけど
何より たくさんのいろんな人たちと仕事ができて 幸せでした

思えば昔からそうだった気もするが 自分の生き方の中で
知らず知らず選択してきた形 なのかもしれないと思った

いうてもフリーです。なんの後ろ盾もありませんから
楽しくて仕方がない時も 取り残され感が半端ない時も
いろいろあります

ただ できる限り自分のことを俯瞰で見るようにしてます
そうすると とにかく「慣れ」が嫌いなんだなとわかります笑
それはよいことでもあるし かなり損もしてるよな、と
いつでも新鮮がいい。そういう部分で緊張感を楽しむから
ほんとうに緊張しなければならないタイミングで「しない」
というズレたことをしてしまう

いいんですそれで。


タネをまき 育てて咲かせる。それがじゅんぐりじゅんぐり。
2年草?いや私の場合3年草くらい。
来年はタネをまく年になるのかなあと思っている
ただしまくのにはエネルギーを使う。体力をつけなければ!
(筋力はなぜか落ちない、これ私の七不思議のひとつ)

2016年 見守ってくださった方々、お世話になった方々
ありがとうございました
来年は飛ぶより もう少し踊りたいよなと思います
2017年もよろしくお願いいたします




写真は 夏の即興公演「Nyt」より。写真:大洞博靖
 

| LIFE | 02:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
なに特別なことはない帰省


そうだ、父に会おう。

7月に会ったし、9月にも北海道で会ったけど
父の誕生日を直接祝ったことあったっけかな…と考えたら
それがいつか思い出せなかったので 高速バスのチケットを買い
何も言わず 誕生日に突然帰った

留守だと虚しいから 母だけには伝え そして口止め
父は驚き たいそう喜んでくれた
父の同級生というおばちゃまが 肉を持ってきてくれて
4人ですき焼き〜

翌日なに特別なこともなく 父・母・わたしの3人で
私の大好きな鰻屋「初音」へ

 

かりっと焼けてて 中はふわっと そして濃ゆいたれ
初音のうなぎ大好き
 



次の日もなに特別なことはなく また3人で
昔よく行った 桑名が本店のうどん屋へ



蛤うどん!
桑名のはまぐりはなぜか美味しい
スープまで完食

 


そして
父はちょっとしたプチ入院のため 病院へ向かった


最近、夢に父母が出てくると 起きた時泣いていることが多く
たいがい 自分が小さいバージョンだからなんだけど
私が離れている間に ちょっとでも元気がなくなったり
はぁ〜ってなったりしていたら それはやだなと思っている

おぼんだから 正月だから という理由で帰るより
ずっと意味があって 満ち足りた帰省だった
 

悩みに悩んで選び抜いた 贈り物のミニ盆栽

 

| LIFE | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
気が抜け熱


 

ジェットラグプロデュース『私はスター』終演しました!

長い仕事が終わると 溜まりに溜まった生理がくるか
お熱が出るか どっちかなのですが… 今回は熱が出ました
1日で抑え込みましたけども
これを私は「気が抜け熱」とひそかに呼んでます

そのぶん、仕事期間はほとんど病気しません
よく考えたらひと月半 オフ日が全くなかったので
さすがに熱も出るわいの と思うことにしました

舞台後の「気が抜け熱」 実は甘く見てはいかんのです
これまでにも、腎盂炎、扁桃炎、副鼻腔炎…と
ただの熱では終わらないものが だいたい舞台仕事後にくる
仕事中にきたら大変。 仕事になりません


最近どれだけ創作しても 残尿感が半端ない気がします
今日は久々のオフなのに ひたすらクッションカバーを作り
更に余り布で かばんも作りました
そんなものでは満たされないのだけど

誰にも気を遣わず 何にも振り回されず
創りたい欲が どことなくあるのかな

その欲を満たそうとするほうを 休むより遊ぶより
求めている気がします

お疲れ様

| WORKS | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
稽古佳境


ジェットラグプロデュース・音楽劇 「私はスター」の稽古も佳境に入り
残り3日となりました

ルイガノで通勤するのもあと3日
それは少し寂しいけれど はやく劇場で創り込みたいなぁという思いも

ざっと数えても曲数は18曲!
すべて踊りではないにしろ この曲数はマカオのレビューショー以来の数
脚演の山崎くんは「コメディではない」とうたっていますが
さーどうなんでしょう?(笑)

それはそうと その山崎洋平という名前には聞き覚えがあり
たしか青学時代の先輩にいたような…
学年としては先輩ではあるけど先輩という扱いをしていなかった
淡路島出身で 兵庫らしーい方言だった
実家に帰ったついでに淡路島まで遊びに行ってやったこともある

とはいえ 思い出したまでで それほどこの内容には関係ないか

ブロードウェイ好きな方、宝塚好きな方、レビューショー好きな方、
ぜひともおいでくださいませ
どことなくシニカルでウィットが効いていて 私なりのひねくれた振付に
なってますけども
休演日なしで走りますよっ



ジェットラグプロデュース
「私はスター」

2016年10月7日(金)〜10月18日(火)

会場:SPACE 雑遊

作・演出:山崎洋平

出演:
真輝いづみ
安藤理樹
エリザベス・マリー
るり
姫歌ひな乃
廣瀬響乃
伊藤真奈美
森田匠
江刺家信雄
葦川菜月
三軒茶屋ミワ

野仲イサオ

公演日程:
10月
7日(金) 19時
8日(土) 13時/18時
9日(日) 13時/18時
10日(月) 13時
11日(火) 14時/19時
12日(水) 14時
13日(木) 14時/19時
14日(金) 19時
15日(土) 13時/18時
16日(日) 13時/18時
17日(月) 14時/19時
18日(火) 13時/18時

チケット:全席指定
前売 ¥5000 当日 ¥5500
学生 ¥4000(事前予約)
 

| WORKS | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |