Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
TWITTER



Facebook Page



SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PAST BLOG
 (2005~06年の過去ブログです)
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS


黒田百合の本棚



みんなのブログポータル JUGEM

KUROYURI diary

黒田百合の日記 
「黒夜 Very Black Night」終演


慰労に日々を費やしたため、ご報告が遅くなりました

5年ぶりのKUROYURI projectとなる「黒夜 Very Black Night」
無事終演しました
ダンスというツールに限って(まーそれしかできんから)きたけど
今回は朗読という要素を背景にして踊りを紡いでみる初企画でした
これまでも 台詞や映像などいろんな要素を取り込んで創作してきたが
いつも最終的には「要らないかも」て 究極時間がたつと思う
きっと私がいつどんな時も信じてるものは「肉体」なんだと
気づいていながら 気付かないふりしてただけ

今回の場合 音、踊り、朗読。
結局すべてが肉体から発せられるもの
それを見て何かを感じる対象もやはり肉体を通してのこと

大事にしなくちゃいけないし 強く 美しく 保持しなければ
体に申し訳ないと思うようになった
なんだかんだ懸命に保持しなくっても わりと恵まれた肉体が
ここにあるので つい忘れがちになる その感謝の気持ちを。

今回、念願のW黒田共演を果たせたことが何よりもの幸せなのですが
二夜という儚い公演日程の中で 深く 見えない部分で会話し
絆を紡ぐことができたのが 本当に夢のよう
そして 自分の感覚(勘ともいう)でキャスティングし対話を重ね
一緒に一つの世界を炙り出してくれた2人の役者に感謝
小さい小さい世界であったとしても 素晴らしいスタッフに支えられ
演出する喜びを得ることができた みなさまに感謝しております

目撃してくださった方々 真っ黒い飲み物をごくごく飲んでくれた皆様
ほんとにありがとうございました

とても学びの多い現場になったので
もはや 一歩だけ進んだ新しいスタート地点に立ってます 勝手に
さーやるぞう
 
| KUROYURI project | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
料理は…


黒田百合だからクロユリプロジェクト

そんな安易な名前を付けつつ 作品創りを始めたのが2002年
13年経った今 振り返ってみると たいして活動していない
もちろん今も プロジェクトどころか黒田百合単体で精一杯

前置きはさておき
立ち上げ当初から私に絡まれて 腐れ縁的に一味になっている人々
を集めて +出逢わせたい人も集めて 久々に新年会をしたら
あまりの安心感になぜか自分がびっくりして すげー楽しかった

小さい家の 小さいキッチンで フライパンフル回転させました


数年前に店をやっていた時 あるお客さんに

「踊るように料理するね」

と言われたことがある
厨房での動きが ラーメン屋並に激しかったという目撃情報もあるが
自分ではぴんとこなかった

でも昨日 S氏に

「料理するときも 振付するときも 同じ顔つきするよね」

と言われたとき その感覚にはっとしたような気がして
久々に自分が誇らしくなった

S氏は 立ち上げメンバーじゃないけれど お店も手伝ってもらったし
数々の戦場を共にしてきた大切な仲間
私の一味(にさせられてる人々)ともあっという間に馴染んで
このメンバーいいなって思ったし その光景が何より幸せだった


料理=振付… あたらしい。

でもすごくわかる なんだろう
下茹でしてなかったと気づいても時遅しだし ソース投入時の火加減とか
頭ん中でちゃんと工程できてないと失敗するよね
でもスパイス等は途中で思い付きで入れたりするとミラクルが起きて楽しい

振付もね 順に動きを追うんじゃなくて 山を見据えて少しずつ進めるの
遊びながら。その感覚が料理と同じ感じする!


あと、素人ではあるけど私なりの定義。

『料理は皿が大事』

何度眺めても惚れ惚れするような皿を手にいれると 皿に恥じないものを
作らなければ!と思うし 皿は必ずつくったものをひきたててくれる
言い換えれば どうでもいい皿には どうでもいいものをつくってしまう

あくまで「私は」ですが。


最近のお気に入りは、大分の「小鹿田焼き(おんたやき)飛び鉋」
地元窯の伊賀焼や有田焼も最高のお気に入りをいくつか持ってます
やっぱり実用食器は日本の窯が最高




昨日の新年会で焼きまくった肉 今日はデミグラチーズのアレンジ。


| KUROYURI project | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
砂を買う女


ついにポチった。



10Lも。しかも宮崎産。
はてなんのために?


昨年夏の作品『漂木の森』から10ヶ月経過。
その時のダンサー達からもらった漂木(=マングローブ)が
努力の甲斐あって やっとこ冬越えし そろそろ植え替えという
ビッグイベントを迎えようとしているのである

これはかなり緊張いたします

植え替えによってびっくりして枯れるかもしれない
でもそうなったらそうなっただ

東京でどこまでメヒルギが育つのか。
人生いつだってチャレンジ

排水穴がフタ式になっている大鉢に 軽くて綺麗な石を敷き
南国の川砂を詰めて 全ヒルギを同居させる作戦

うまくいきますように。




| KUROYURI project | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
2日目:さらにたのしかった


Vody-act Festival Vol.2 最終日終演しました

舞うことは素晴らしい 無言で叫ぶということ


photo by Hiroyasu Daido


ここ1年 作品を創るというエナジーが 実は殆ど消失していた

頭をぞうきん絞りしても 何も出てこない
自由の効かない身体を叩き起こしても 何も生まれない
創りたくない頭に 動かない身体

そこに創作する資格はないし 価値もない


でもだからこそ のほほんとしてみた
完成などどうせするもんじゃないし 自分に正直に綴ってみた
動けないなら動かなければいい 想像できるまでにしたらいい

そしたら 自分の想像をはるかに超える 変なものができた

それが 漂木の森の世界だった としか言いようがない


メンバーのみんなは 私の愛する仲間です
顔で選んだ人もいる 縁で選んだ人もいる くされ縁もいる

「百合さんの頭の中を見てみたい」と言われたことがある(何度も)

そもそもそれが伝わってないのなら 舞うほうも 観るほうも
一生わかるわけないだろ 伝える能力が私にないだけだろ

ただ
今日、メンバーのみんなが「漂木=マングローブ」のフォトアルバムを
手紙を添えて贈ってくれた
段取り 振付 足の運び  そんなものにとらわれているだけの人達じゃ
なかったのだ 不覚でした

私が何を夢見て 何を創ってるか。
みんながちゃんと同じ世界にいたことを知って 涙が出そうだった

久々に 飲んではじけた 思い切り毒も吐いた
今日は昨日よりずっとずっと たのしい日でした


観客の皆さん 出演者の皆さん スタッフさん そして主催の杏奈さん
本当に有難う御座いました


| KUROYURI project | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
1日目:たのしかった


Vody-act Festival Vol.2 1日目終了しました



明日もモリモリします

お時間許す方、お待ちしてます


『Vody-act Festival Vol.2』

■日時:
2013年7月6日(土)16:30開場 17:00開演
2013年7月7日(日)14:30開場 15:00開演

■会場:かめありリリオホール(東京メトロ千代田線亀有駅南口・駅前リリオ館9階)
〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-26-1
03-5680-2222

■チケット料金:前売3,000円 当日3,500円(全席自由)

■チケットお申し込み:kuroyurhythm@gmail.com


| KUROYURI project | 23:55 | comments(1) | trackbacks(0) |
ヒルギノモリモリ


今日劇場に入って舞台稽古しました
私のチームは まぎれもなく 今日が 初の本通し

広い場所で 靴をはかずに わっせわっせ踊ること
これは何にも代え難い「薬」です ドラッグと同じ

三味線の「乾いた音」と「濡れた音」が私たちの身体を
通り抜けたり 纏わりついたり セッレオ!です


明日からたった二回の本番で終わるなんて
舞踊の神様は罪深いものです ヒルギにもっと愛を 水を

明日17時 亀有リリオホール(駅の目の前!)に来れる方
(もうサイアク18:30でも間に合っちゃう)
私の大好きな仲間と戯れる私を 観に来てください

私の世界は「上手い」ものではなく「美味い」ものです

もりもり食べてほしいのです


『Vody-act Festival Vol.2』

■日時:
2013年7月6日(土)16:30開場 17:00開演
2013年7月7日(日)14:30開場 15:00開演

■会場:かめありリリオホール(東京メトロ千代田線亀有駅南口・駅前リリオ館9階)
〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-26-1
03-5680-2222

■チケット料金:前売3,000円 当日3,500円(全席自由)

■チケットお申し込み:kuroyurhythm@gmail.com




| KUROYURI project | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
膝の痛みは全身筋肉痛で散らす。


3日連続フル稽古 さすがに身体にこたえます

3ヶ月ぶりに美容室へ行き 髪をちょっと切り
そのすぐそばにある隠れ家サロンで 何年ぶりかに
まつげパーマをかけた

顔に似合わず超ロングな私のまつげ
ぐいっとあがって メイク時間大幅短縮


来月のタイまで保ってくれるかなあ。。





| KUROYURI project | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
始動に向けて


初夏 久しぶりに小さな作品を創ろうと思うわけですが
なんだか予想外に時間がなくなってしまったので
稽古のスケジュールをたてるので 頭がてんやわんや

人々の予定を擦り合わす作業が 創るより踊るより大変だ

今やってしまえば あとは楽しい作業だけ(だろう)
そう言い聞かせて。



昼にあった予定が 明日にずれこんだので
浅草SAMBOA BAR へ昼ごはんに

昔からバーのランチは好きですがここは初めて
日曜の浅草は鬱陶しいほど人々が街を埋め尽くすので
この全く音のない空間が 妙に癒されました

珈琲はホットも「水出し」
薫りが飛ばないのかな…と不安でしたが いい薫り
日替わりサンドは「茄子とベーコンのミートソースサンド」

今度は(ていつになるだろう)夜一人で飲みにいくぞ


| KUROYURI project | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
嬉しい面談


紹介したいダンサーがいるというので 今日面談した
うちに呼んで ゆり飯用意して。異例の面談。

最初名前を聞いただけではピンとこなかったけど
私の店に行ったことがある と聞いてじわじわ思い出した
店を訪れた同業者の顔は なぜかだいたい覚えてる

当時 彼女は通りすがりで入ったと話していたのを
思い出し… 今 私の家で一緒にごはんつついてるんだから
縁は不思議なものだなあ と思います


羽織ってるものはまっすぐで でも眼差しはすぐそこでなく
取り留めのない辺りをきょろきょろ そんなイメージだった

がつがつして鼻先のとがったダンサーとは一線を画す雰囲気

なんか嬉しくなりました

合格ーー


来月からの稽古に向けて もう少し脳内画を整理しないと!
という動機ができました ありがたや

もう一度くらい出逢っとけば?と神様が思う人とは
もう一度出逢えるものですね 嬉しい面談となりました


| KUROYURI project | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
お嫁とお地蔵


出逢って4年 と思えない程濃密な時を共にしてきたA子
今宵は彼女の結婚パーティがありました

出逢いは海の向こうで。
そして横浜、東京各所、さらには日光までも。
大変な時も楽しい時も いつもそばで太陽のように笑って
私の右腕となって 助けてきてくれました

およめさんになって たくさんの人に祝福されて…
それを見守れただけでとても幸せな気持ちになった!
おめでとう おめでとう


我らKUROYURIチーム
若さと勢い溢れる人々に埋もれ まるでお地蔵さんのごとく
ちんまり並んでA子ちゃんの愛らしい花嫁姿を見守る

そんなお地蔵たちも私は大好きだ

パーティ後の4人飲みも 超楽しかった笑



なんかまるでA子ちゃんが卒業したみたいな文面になってるけど
決してそんなことはないはず
旦那さんに念押ししてきたもの 私からA子を奪わないでと笑

二人とも末永く幸せにね





| KUROYURI project | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |