Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
TWITTER



Facebook Page



SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PAST BLOG
 (2005~06年の過去ブログです)
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS


黒田百合の本棚



みんなのブログポータル JUGEM

KUROYURI diary

黒田百合の日記 
おまけ『北欧のくろ 2017』


今年も「北欧のくろ」何枚か撮りました

タンペレの森にて

朝陽を浴びている

 

タリン旧市街にて

薪を守っている

戦っている

先端にいる

 

ヘルシンキにて

 

 

| LILY'S NOVEL | 02:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
芬蘭ノ旅 -Trip to Finland-


Days in Rovaniemi

We arrived at Helsinki and changed to VR toward Rovaniemi.
It was sleeper train taking 12hrs approximately, the first experience for me.

今回ヘルシンキからロヴァニエミまでは列車移動。初めての寝台車。





Staying at Santa Claus Holiday Village which has cottage style making us feel special!

宿はサンタクロースホリデービレッジ。コテージ式は特別感が半端ない!



 

 

 

We visited University of Lapland.
ラップランド大学のデザイン科を訪ねる。

 

We had meeting with the mayor of Rovaniemi, Esko.
He is so nice person that we felt free to talk about our report and proposal.

ロヴァニエミ市長のエスコ氏とミーティング。とっても良い人で、気兼ねなく話すことができた。


After meeting, we were so excited for a while but moved to the place of an event.
It was a big event in this town called "The Reindeer Race"

市長とのミーティング後、しばらくどきどきしたまま、あるイベント会場へ移動。町でいちばんビッグなイベント「トナカイレース」!




We met there our friend who is student of the university of Lapland.
She is nice woman and we had dinner together at the most popular restaurant "Nili".

ラップランド大学で出会った日本人の生徒さん(ほぼ同世代)にレース会場で再会。町の人気店「レストラン・ニリ」で一緒にごはん

雷鳥のソテー


トナカイステーキ


We had a lot of mission here, it made us little bit exhausted but feel achieved.

ミッションがいっぱいあって疲れたけども それなりに達成感もあったな
 

 

| LILY'S NOVEL | 03:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
おまけ『北欧のくろ』


「くろちゃんなんかやってよ」シリーズ。
…特に面白いことは何もしていません。あしからず。。



ロヴァニエミにて



ヘルシンキにて



スオメンリンナ島にて
| LILY'S NOVEL | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
北欧ノ旅 Helsinki -FINLAND


Day8 (21 Feb, Sunday)

We've left Reykjavik and been back to Finland, but this time stayed at Helsinki.

レイキャビークを発ち、再びフィンランドへ。旅の最後は首都ヘルシンキにて。


The center station of Helsinki ヘルシンキ中央駅


We went to a traditional Finnish restaurant "Kolme Krunua" for dinner. I took the meat ball plate. It was of course delicious, but I was so impressed by pickles as a garnish.

夕食はフィンランド伝統料理が食べられる「コルメ・クルヌーア」へ。私はミートボールのプレート!すごく美味しかったのだけど、付け合わせのピクルスがあまりに美味しくて、びっくりした。


"Lihapullat" liha=meat pullat=ball ミートボールはフィン語で「リハプラート」


Day9 (22 Feb, Monday)

Going for a little walk to sea side in the morning, we found the "Uspenskin katedraali" that means the Russian Orthodox Church. In Helsinki, there are still many old Russian building as an aftereffect of Russian control from 19th century.

朝、海際のほうへ少し歩いてみると、ロシア正教会が見えてきた。ロシア語でウスペンスキー大聖堂ともいうらしい。
ヘルシンキにはこの建物のように、19世紀からロシア支配下に置かれた爪痕がけっこう残っている。


Uspenskin katedraali ロシア正教会(この日は休館日で入れず)


We got the boarding place to The World Heritage SUOMENLINNA, hopped on ship! The fee of return ticket was 5Euro.
"Sveaborg" means Swedish fortress which was constructed against Russian attack by Sweden-Finland, but later Russia occupied this island and set the cannons around, against England etc.
We stayed here about 2 hours, but it was significant.

世界遺産のスオメンリンナ島へ行ける船が出ていたので乗船!島の往復チケットは大人で5ユーロ。
「Sveaborg」は「スウェーデン要塞」の意。かつて、スウェーデンと一つの国だったフィンランドはロシアに対してここに守りの要塞を建てたのだが、のちにロシアの支配を受け、ロシア軍はここにたくさんの大砲を設置してイギリス軍などと戦っていたのだ。
2時間ばかりの島散歩、とっても有意義な時間だった。


It takes about 15min. 約15分で島に到着。


"Suomenlinna" means Suomi's Fortress. It was named in 1918 by love of Finland.  スオメンリンナの意味は「スオミの要塞」※スオミ=フィン語でフィンランドの意。愛国心によって1918年にSveaborgから改名されたらしい。
 


The World Heritage "The Fortress of Suomenlinna" 島全体が世界遺産!


"The King's Gate" 要塞の中はトンネルのよう。


It's like a shelter. シェルターのような要塞。中は真っ暗。


The huge rusty cannon made by Russia. さびさびの巨大な大砲はロシア製。


Afternoon, we met our friend of Finnish flower designer. She took us to her town "Espoo" where is about 20km from Helsinki. We went to the traditional cafeterria in Espoo, and had vege-hamburg steak for lunch. This cafe used to be a old farmhouse build in 1737. What a special time having lunch here!

午後、隣町エスポーに住んでいる、フラワーデザイナーのお友達に会った。エスポーはヘルシンキから約20kmくらい離れた町だけど、車で連れて行ってもらった。エスポーで人気のカフェで昼ごはん。野菜だけで作られたハンバーグのプレートを頂いた。
このカフェは1737年に建てられた農家をそのまま利用したお店で、なんともいえない趣が漂う。特別な時間を過ごした気分!


Bembölen Kahvitupa








At the entrance. 入り口にて。


Day10 (23 Feb, Tuesday)

At last, this is the last day of our Nordic journey. We explored the street in stylish Helsinki untill the time going to airport.

いよいよ旅の最終日。空港に向かう時間までオサレなヘルシンキの街を散策。


The Kamppi Chapel 木だけでできた「カンピ教会」


I found theater in also Helsinki. I love theater anyway.  ヘルシンキでも劇場発見。好きだからすぐ見つけちゃう。


The most popular "HES Burger"  フィンランド人に親しまれている「ヘスバーガー」


The Finnish Cinnamon Roll フィンランド流シナモンロールは横巻き。


At the time of sunset, we left Helsinki Vantaa airport toward Tokyo.
It was only 10 days, but deep days. I could learn a lot and get proper knowledge about the two countries. I hope to visit again in order to understanding them more better, besides I left a lot of things undone. See everyone again! Kiitos! Takk!

夕暮れの頃、東京に向けてヘルシンキ・ヴァンター空港を出発。
たった10日間だけど、濃い10日間だった。いっぱい学んだし、フィンランドとアイスランド、行く前よりは確実によくわかった気がする。また行けたらいいなと思う。やり残したこともあるしね。その時まで…ありがとうございました!

 
| LILY'S NOVEL | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
北欧ノ旅 Reykjavik -ICELAND


Day4 (17 Feb, Wednesday)

We left Rovaniemi in the morning, and arrived at Reykjavik by transit in Helsinki. It was not so cold in Iceland, maybe 0℃-1℃. The ground was covered with very white snow and has no trees, it seems very mysterious.

朝ロヴァニエミを発ち、ヘルシンキで乗り継ぎレイキャビークへ! ロヴァニエミほど寒くなく、1日を通してだいたい0℃〜1℃くらいの間。木が生えていない大地はすべて雪に覆われている、そんな不思議な島アイスランド。




After arrived at the center of Reykjavik by bus taking 50min. from Keflavik airport, we went to have a Icelandic dinner. We choosed "Einer Ben Restaurant" near the harbor. I had a lovery lobster soup.

ケプラヴィーク空港からバスで約50分、レイキャビーク市内に到着。早速、アイスランディックな夕食を求めて港近くの「エイナーベンレストラン」へ。クリーミーで旨味がぎゅっと凝縮した、美味しいロブスタースープを頂きました!




Day5 (18 Feb, Thursday)

In the morning, we met a Japanese woman who is living in Reykjavik. I made a contact to her two years ago. She got married with Icelandic man and had a cute daughter last year. We could meet her!!
Of couerse we talked about positive contents for the future.

午前、レイキャビークにお住まいのある日本人女性に会った。2年前に私がコンタクトを取った方で、彼女はアイスランド人の旦那さんと結婚し、昨年可愛らしい娘さんが生まれていた。もちろん、今後のための大切な打ち合わせも完了。




Though the doughter got sleepy, we said goodby and had a walk around the city. 
Reykjavik is the most north capital city in the world and can be seen the Arctic Ocean easily. Can you see this scenery?
We also visited ”Hallgrímskirkja” the representative church of the city and the pond named "Tjörnin" on which the city hall is built.

娘ちゃんが眠くなってきたのでバイバイし、レイキャビクの街散策へ。
レイキャビクは世界最北の首都。少し歩けば、クリーンで澄んだ空気に満ちた北極海を見ることができる。街中からこの景色。すごい!そして、「ハトルグリムスキルキャ」というレイキャビクを代表する教会と、チョルトニン湖にも行ってみた。この湖の上に浮かぶように市庁舎が建っている。





 


Tonight dinner was Icelandic meat soup. It is a kind of simple vesitable stew put the lamb meat in. The hot pot of the soup was so beautiful for us after the rooftop Jacuzzi at the civic hot pool.

この日の夕食は「アイスランディックミートスープ」羊肉と野菜を煮込んだ素朴な家庭料理。市民プールの屋上ジャグジーに寄ってから頂いた一皿は格別だった。




Day6 (19 Feb, Friday)

We left our hotel at morning, joined the Golden Circle tour by bus. The first place was "Friðheimar" which is the hothouse using geothermal power. There grow the tomatos. We had very fresh and sweet tomato juice named "Virsin Mary" mixed some spices.

朝9時から、バスでのゴールデンサークルツアーに参加。 最初に着いた場所は「Friðheimar」という地熱を利用した温室栽培ハウス。そこではトマトを育てていた。 朝一で飲んだトマトジュースは「ヴァージンマリー」といい、スパイスが入っていてとても美味しかった!




Next place was "Geysir" where is very famous intermittent spring. The spring brows up 20m about every 5 minutes in natural power.

次に着いた場所は「ゲイシール」という間欠泉。だいたい5分ごとくらいに20mほどの温泉が噴き上がる。




Third place was "Gullfoss" which is the huge waterfall called golden fall. But now some part are frozen, it was not all parts dropping down, anyway the color of white & blue was so beautiful.

次の場所は「ガトルフォスの滝」黄金の滝と呼ばれているヨーロッパ最大の滝。今は気温のためところどころ凍っていて、少し迫力に
欠ける気がしたが、白と青のコントラストはとても綺麗だった。




The last place was "þingvellir" This place impressed me the best. It is curious place which can be seen the gap of plate of the earth originally in the bottom of the sea. That is, the side of me is North American Plate, and the other side is Eurasia Plate. How mysterious that the ground is born here!! I cannot find any words to express my emotions seeing this scenery.

最後は「シンクヴェトリル国立公園」ここが一番感動したかな。本来は海の底にあるべきプレートの境目が地表に現れている珍しい場所で、私のいる側が北アメリカプレート、向こう側がユーラシアプレートとなっている。 ここで大地がちょっとずつ生まれているとは、なんて神秘的。 最高潮に感動した瞬間だった…!




Day7 (20 Feb, Saturday)

Today we used public bus and visited two big shopping malls. Between them I found the city theater that is playing the dance work of "islenski dansflokkurinn" means Icelandic Dance Company. I have just wanted to try what the Icelandic dance is. We watched their dance performance among the full of children because that is a work for children.
I tought it unique and creative, the performers have full of expression, and able to be conveyed not only children but also adult audience like us. It should be called "non-verbal" performance. I need it for my creation.

この日は、公共バスを使って2つのショッピングモールへ行ったが、その間に市立劇場で「アイスランドダンスカンパニー」の作品を上演しているのを知り、観に行くことに。今まで情報がなかったぶん、アイスランドのカンパニーに興味深々。子供向け作品だったため、満席の子供たちに囲まれて観ることとなった。
作品はすごく個性的で独創性に溢れ、パフォーマーの表情と豊かなアクションで内容はすべて伝わった。子供にも大人にも、そして国籍を越えて笑いと感動を伝えらるものが、ノンバーバルと呼べるものだ。私が今もっとも学びたい表現の一つ。


アイリスバスという愛称の公共バス


ソフトクリームとホットドッグとポップコーン以外は食べても可!?




ウ○コが人間化して大暴れ!という内容。でもそいつらの身体表現スキルが半端ない。


The last night in Iceland, we went to the Blue Lagoon. 
I could buy and drink a beer in the hot spring. There was peace and delightful atmosphere spreaded in the lagoon, the sky seemed eternity and the stars are countless.

アイスランド最後の夜は、ブルーラグーンへ。温泉に浸かったまま、生ビールも買うことができて最高。
ラグーンは平和で、快適で、心地よい雰囲気でいっぱい。夜空には星がたくさん広がって、永遠に続いてほしいとも思うくらいだった。



 
| LILY'S NOVEL | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
北欧ノ旅 Rovaniemi -FINLAND


Day1 (14 Feb, Sunday)

We arrived at Rovaniemi city via Helsinki in Finland. It was of course snowing a lot, but temperature was only around -1 degrees and also no winds.

ヘルシンキ経由でフィンランドの北の街、ロヴァニエミに到着。 粉雪が降り続き、積もっている雪も相当深いが、気温は−1℃ほど。風がないので体感温度はそうでもない。



We got to a supermarket at first, and bought foods to cook something. I cooked salmon cream soup anyway, it made us so warm and comfortable. The salmon has so good quality that I can make it well!

着いてまず宿泊先近くのスーパーに行き、食材を購入。体を温めるため、フィンランドでもポピュラーなサーモンクリームスープを作った。鮭が身が厚くてとっても美味しいので、私の腕でも十分な出来栄え!




Day2 (15 Feb, Monday)

This day, we have first mission at Santa Claus Village where is about 20min. driving from the center of the city. The mission is that we bring a lot of Christmas cards written the wishes on, and pass them to Santa Claus. We made it!

この日は、市の中心部から車で20分ほどの場所にあるサンタクロースヴィレッジで、最初のミッションをこなす日。そのミッションとは、昨年の北欧クリスマスイベントで来場者が願いを書き込んだカードを、サンタクロースに渡すという大切な役目だった。


 

Afternoon, we had discussion with our parties for this year's Christmas event, and also experienced characteristic activities of Rovaniemi such as reindeer riding, eating traditional "Poronkäristys" using reindeer meat in the Finnish kota restaurant , and passing across the arctic circle line.

午後、ロヴァニエミの関係者たちとディスカッションをし、かつロヴァニエミならではのアクティビティも体験した。トナカイのソリに乗ったり、コタという小屋風のレストランで「Poronkäristys」(トナカイ肉の煮込みをマッシュポテトの上に乗せ、こけもものジャムと共に食べるラップランドの伝統料理)を頂いたり、もちろん北極線をまたいで越える!なんかも経験。


28 Euro for 1km riding in the woods. 1kmのトナカイぞり体験は28ユーロ。




The traditional food of Lapland. ラップランドの伝統料理


The Arctic Circle Line 北極圏の入り口


This is "Lappi Coffee" which is served with traditional cheese like texture of bread. 「パンチーズ」と呼ばれる、パンのような食感のチーズとコーヒーを一緒に食すのがラップランド式。


Day3 (16 Feb, Tuesday)

In the morning, we visited the handmade society of Lappi traditional textile. They introduced not only their techniques of loom, but also the other artifacts which has unique originarity.

朝、ラップランドの伝統織物を伝えるハンドメイド協会を訪ねた。織り機の技術だけでなく、オリジナリティ溢れる工芸品なども紹介してもらった。




Afternoon, we went to the Lappi historical museum "ARKTIKUM" 
It was so interesting and powerful exibition that can be seen the special stuffed animals of Lapland.

午後には「ARKTIKUM」というラップランドの歴史博物館へ行った。土地特有の動物・植物の展示や、古代ラップ人の生活展示などがあり、見応えも迫力も十分。




The Elk. 超巨大!ヘラジカ


We were supporsed to go for a walk in the snowy woods before sunset. 
It was really quiet and silent deeply, and everyting was white in front of our eyes.

日が落ちる前に、森へ散策に行くことに。森の中は静寂に満ちていて、雪道を進む視界はすべてが真っ白。




In the woods, there are some places for bonfire, we made a wood fire. Setting fire on birk and make it bigger and bigger. And we roasted big sausages called "Makkala" sticked twig of tree on the bonfire, it was really special exparience for us.

森の中には火を炊いてよい場所があり、私たちはそこで焚き火をおこした。削った木の皮に火をつけ、小さな火から少しずつ大きくする。そして「Makkala(マッカラ)」と呼ばれる大きなソーセージを木の枝に刺し、焚き火で焼いて食べるという醍醐味。

 


After the special time of Makkala, we found the Aurora above the dark sky! We were so lucky and so fortunate.
Aurora is called "revontulet" in Finnish which means fox's fire. It is based on the old legend of Lapland people.

楽しい焚き火を終えた帰り道、なんとオーロラが出現!夜空にふっと現れて、どんどん広がり大きくなった。初めての北欧でオーロラが見られたのはかなり運がいい。オーロラはフィンランド語で「レヴォンツレト」という。意味は「狐の火」で、ラップランド人の言い伝えからそう呼ばれているらしい。

 

The lower picture is in midnight after we come back to our accommodation. It keep appering while long time this day.
下段の写真は、宿に帰ってきた後の0時頃のもの。この日はかなり遅い時間までずっと出ていた。


 
| LILY'S NOVEL | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
出雲ひとりたび、2日目。


出雲2日目。いよいよ山間部へ潜入する。
でなぜかこの日も天気良好。


AM10:00 須佐神社到着



スサノオの魂が息づく社
すごく地味 すごくボロい そのぶん説得力はある


樹齢1300年の杉の木が社の裏にあります


AM11:00 スサノオホール

劇場が見たかったわけではないが なんとなく勘がはたらいて訪問
行って特に何があるわけでもなく 一人のお兄さんがぼんやりデスクに

ある人のことを尋ねてみると なんと偶然今からここに来るという!
でほんとに来た



このひとは渡部良治さん
私の生まれた年くらいに 出雲阿国歌舞伎を復活させ
「むらくも座」として今も毎年出雲歌舞伎を上演する座長さんです

ちょっと強面だけど 出雲弁が超キュート♡ すぐに好きになる私

  私「のんびりしていていいですね」
渡部氏「のんびりしすぎちょうて なあんもないわ」

座のことをお聞きし 自分の頭ん中もざくざくとお話して1時間
ある意味こぼれ玉なのに ものすごく濃く 良い時間だった


PM1:00 八雲風穴



昔「清涼山」と呼ばれた 天然のクーラーに辿り着く
この日は30℃超えなので 迷うことなく飛び込む



出雲の火山が噴火して その溶岩が一気に固まる
この地の深くを通る地下水で冷やされた空気が その岩の隙間を通過

で6℃

感動の涼しさ 地下水冷却の為 少し湿気た感じもまたよろしい
その地下水を汲んで出発




PM1:30 菅谷たたら・山内生活伝承館



出雲市を抜けて雲南市へ 吉田町は「たたら製鉄」の町
有吉佐和子説では 阿国の両親が生まれ育った場所



無人。



たたらの里には沢山の職人がいた
山奥だしね 忙しいしね なんも楽しみがない
だからこうやって時に歌舞伎一座なんかがやってきた

芸能の原点が神様への奉納だとすると
職人への慰労は第二のステップというのかな


PM2:30 鉄の歴史博物館



鉄の作り方を勉強する だから何というわけもないのに

日本刀は玉鋼(たまはがね)でなければ日本刀とは認められない
玉鋼はたたら製鉄(砂鉄から鉄をつくる方法)でなければ作れない
吉田のたたらは斐伊川なしでは発達しなかった



だから斐伊川上流はとても赤い 火の川
出雲のもう一つの大蛇(オロチ)伝説は「斐伊川=大蛇」だという
岩を切り崩し川に流す そこから砂鉄を収集し 残った砂はすべて下流へ
砂を含んだ川はどんどん形を変え 荒れ狂う大蛇のように地形をも変えた


PM4:00 雲見の滝





私の旅は雲ノ旅 龍が空へと帰らんと 見上げた先も雲の空
掴めど掴めぬ 雲出ヅル



蛇につきまとわれ退散


PM6:30 宿に到着



この日は玉造温泉



猫につきまとわれつつ しばし散策



そしてこの日初めてのごはんにありつく
脂ののったアジのお刺身とビール
ガハハ笑いの大将と談笑しつつの晩酌


しじみ汁一気飲み



という2日目でした
走っても走っても 車一台すれ違わない雲南の山道
ひとっこひとり歩いてない

向き合うは私と山 なんかそういう感覚に何度も陥った

この日の夜も熟睡です ありがとうございました

| LILY'S NOVEL | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
出雲ひとりたび、1日目。


若干マニアックな旅日記
かなり長いし 写真多いし ものすごく自分用なので
興味がもてない人は読むべからず。。。


AM7:25 羽田出発



飛行機に乗る度に 雲の上に乗れたらなあと思う
しかもずっと雲の上にいれたらなあとも思う
雨に打たれることも 嵐にのまれることもなく ずっと青空


AM9:10 出雲到着(予定より45分遅)



機内放送で「天候悪くなかなか着陸できません」と
更に「石見空港に着陸しちゃうかも」と
これから逢う神様にお祈りしたら 雲をはけてくれました


AM9:45 レンタカーで出発



今日から3日間のちっこい相棒です
出雲をぶんぶん爆走します!


AM10:30 出雲大社到着



いずもおおやしろ と読むらしい
やっと来れた ずっと来たかった
パワースポットというものには全く興味がない私
パワーを感じますとかよくわからない私
感じたのは「初めてなのになんか馴染むなあ」それだけ



雲出づる國 とはよく言ったものだ
こういう光景が どこよりも映える場所



斐伊川が水をもたらすこの地域は昔「杵築(きづき)」といった
出雲大社も「杵築大社」が元の名前



松の参道は工事中で通れず




本殿と神楽殿
願いごとはひとつ「願いが叶いますよーに」


AM11:45 阿国寺「連歌庵」





出雲阿国が余生を過ごした(かも)というお寺
そばで淡々と工事していたおじさんに撮ってもらいました


PM12:00 出雲阿国のお墓参り





お水もかけて お線香もあげてきた
南無阿弥陀仏 なむあみだ


阿国が亡くなる時に横たわっていたと言われる御影石にも
ざぶざぶ水をかけてあげた


PM1:00 奉納山登頂





汗だくでほとんど登山 今回ばかりは晴れ女らしい
幼き阿国が見ていた(はずの)景色 独り占めさせてもらいました
この旅で一番最高の気分だったのがこの静寂の瞬間


これは阿国塔(歌舞伎役者の名が回りにずらっとね)


PM2:00 昼飯・出雲そば



わたしの旅にはほとんどごはんが登場しない
唯一のごはんタイム 予定が詰まってる為20分ですすって出る


PM2:30 古代出雲歴史博物館



土器とはにわと銅だらけ


PM5:00 出西釜



斐伊川の恵みを受けて作られる焼き物の釜へ
「出西ブルー」と言われる瑠璃色の器を買って満足する


PM6:00 旧大社駅





時間が余ったのでおまけで訪問
蚊にさされまくって退散


PM7:10 宿に到着



日本海を臨む部屋 波の音しかしないというだけの贅沢


化粧も落して 温い塩水のプールで平泳ぎ してから就寝


という1日だった
この日は七夕 晴れ女効果で天の川が宙いっぱいに見えた
流れ星もいっこ見れたし 久しぶりに熟睡できた気がした

| LILY'S NOVEL | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Whitney Houston


ホイットニーヒューストンを聴いていたら
「ボディーガード」がものすごく観たくなって借りてきた

守る。

守られる。

やっぱりいいですね 私も守られたい





…中2の時、音楽の先生が担任になった

ベラっていうあだ名の 強面の女教師で
1年の時はこわくて近寄れず 音楽の授業も嫌いだった

その先生が担任になってしまい 家庭訪問にやってきた

当時の家庭訪問はあまりきっちり時間が決められてなくて
前の子が次の子の家に先生を誘導してくるようなシステム

私はその日 確かエレクトーンの発表会が近くて 
朝から猛練習していた
しかも初のソロ弾きだったので 曲も難易度が高く
ビートの打ち込みも パターン編成も 難易度高し

※当時の私のエレクトーンは16個のパターンがプログラム
可能で 弾きながらそのパターンをチェンジしていくという
なんとも忙しい楽器だったように思う

うちのエレクトーンは 吹き抜け階段を上がった二階に
置いてあって 私はその日に限ってヘッドホンもせずに
大音量でどすどす弾いていた

と 知らぬ間に実はベラが家庭訪問にやってきていて
私が弾き終わるまで 玄関で聞き耳をたてていたらしい

エレクトーンなどやってることすら知らなかったようで
(言ってないし)その日からベラの私を見る目が変わった
音楽の授業で何かにつけて ピアノやら太鼓やらを
とりあえずやらされるようになり…

まあきっと 何かを認めてくれた証拠だったのかもしれない

自分の中だけでうっすら残っている中学の記憶のひとつ


その 家庭訪問事件の日に猛練習していた曲が
ホイットニーヒューストン『すてきなSOMEBODY』(1987)

思い出の曲です…




自家製ごまガーリックドレッシング!が美味しくて
メインを上回る感動を呼んだ、今日の晩ごはん


| LILY'S NOVEL | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
もじゃおばさんの悪夢


明日は免許の更新に行こう
あまり運転しなくなったからゴールド免許

免許歴ももう18年

いろいろあったなあ。


埼玉の何もない一本道 数少ない信号を先頭で停車
もじゃもじゃパーマネントのおばちゃんが後ろにつき
そのままごつんと追突された

一車線なので ハザードを打ち 窓から振り返り 
手で交差点を左折するよう指示 そして私が曲がるや否や
もじゃおばさん一気に直進!
逃走!

勿論ハリウッド並みのUターンをし もじゃおばさん車を
猛然と追っかけるも 見失う

当て逃げ被害。

ひと月後 同じ道の二車線になったあたりで 見覚えのある
もじゃおばさんと隣合わせに停車した

ウインドウを開けて顔を確認した途端 信号が青に
一瞬もじゃおばさんと目が合った
が あの時と同じ勢いで右折していった

本当にあった憎い話。


こんなもんじゃありません わたしとくるまの物語
わたしとバイクの物語もそれは盛りだくさんです
よくぞ今も生きてるよなあ とさえ思う

わりと上手なんですよ運転 ちょっと男っぽいだけで


| LILY'S NOVEL | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |