Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
TWITTER



Facebook Page



SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PAST BLOG
 (2005~06年の過去ブログです)
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS


黒田百合の本棚



みんなのブログポータル JUGEM

KUROYURI diary

黒田百合の日記 
<< Flying year | main | 沈黙 Silence >>
スパイに口紅


今日はぽっと時間が空いて、王子までストレートプレイを観に。
スパイに口紅

スパイもの、大好きなの♡
どんな時代でも どこの国でも ビバ諜報員
今回は大日本帝国時代の満州のスパイたち

飾りすぎない舞台美術とアンバーの色合いが◎
無駄に音楽がないのも◎
劇中中国語が飛び交ってて 皆中国人かとすら思ってたし
そのくらい 登場人物たちの力で世界観が出来上がってた
できればこの後客出しとかで素性を見かけたくないなと

そういえば 役者の素性なぞ あまり知るものじゃないな
我々が作品に足を踏み入れた瞬間から 人物はその世界の人物
であるべきだ
たまたま今日はケドちゃん以外見たことない役者ばかりだった
ので とっても楽しめた♡
これは役者の力とも言い切れず いわば受け取る私側の問題
なので役者さん達のこと知りたいけど 知りたくない(笑)

劇場のエントランスは最悪のビジュアルだったけど
入ってしまえば天井も高く 空間は居心地よかった

あー創作してーなー

もういろいろ溜まっているのだけどね… 腰が重い
 

まだ初々しい表情あるなケドちゃん

 

 

| STAGE | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


| - | 23:28 | - | - |









http://kuroyurhythm.jugem.jp/trackback/980